原因不明の坐骨神経痛

原因不明の坐骨神経痛

坐骨神経痛などの腰痛を発症して治療をしたい時は、多くの人はまずは整形外科を受診するのが一般的だと思います。

しかし、坐骨神経痛を含めた腰痛の原因が整形外科で明確に分かるのは約15%で、残りの85%は原因不明であるという統計があるのです。
エックス線検査は勿論ですが、最新のCTやMRIなどの画像検査機器を使用して診断を行なってもこの結果は同じで、坐骨神経痛の原因となる疾患を特定できるものがないのです。

坐骨神経痛は、ストレスなどの心因性によるものや、血流の悪さなどで緊張して固まった筋肉が原因となる場合があるので、このような原因は画像診断では判断がつかないからです。
とはいえ15%は原因がはっきりとするわけですから、確認をするためにも、まずは整形外科を受診することの意味はあります。

病院で原因不明と言われると余計に不安になってしまいますし、根本治療はできませんので、症状を抑えるだけの対症療法となり、いったん痛みが治まっても再発する可能性が高くなります。

坐骨神経痛の症状は坐骨神経が圧迫されることで生じますが、一番、多いのが、緊張し固くなった筋肉による坐骨神経の圧迫です。
この場合は、筋肉の緊張を緩和させることで完治が可能です。

ただし、筋肉の緊張は、日常生活での無理な姿勢などで、再び生じる可能性がありますので日常生活を見直して、根本的に姿勢の改善をする必要があります。

姿勢に注意すると共に、ストレッチなどで筋肉の緊張を和らげるように心がけなければなりません。

これらは継続して行う事で坐骨神経痛の予防策となります。