坐骨神経痛の治療薬

坐骨神経痛の治療薬

坐骨神経痛は殆どの場合で保存療法によって治療を進めながら経過観察を行います。
保存療法には薬物療法、装具療法、温熱療法、運動療法などがあり、医師や理学療法士の指導のもと、症状にあった治療法を組み合わせて行ないます。

坐骨神経痛の薬物療法において、治療に用いられる薬には以下のようなものがあります。

・末梢血管拡張薬

坐骨神経痛を発症させる原因の1つに、腰部脊柱管狭窄症があります。
腰部脊柱管狭窄症とは、脊髄骨が何らかの原因で変形し、腰部の神経の通り道である脊柱管が狭くなり、脊柱管の中を通る神経が圧迫されることで、腰痛・下肢の痺れ(坐骨神経痛特有の症状)が出てくるというものです。

腰部脊柱管狭窄症対策として用いられる末梢血管拡張薬で、もっとも多く使われている(約8割)のがプロスタグランディンという薬です。
この薬には血管の平滑筋を緩めさせて血管を拡げる作用があります。
血管が広がることによって神経の血流がよくなり、痛みが軽減されます。

また、血液を凝固させない働きがあり、血流を良くするために処方されます。
その他、腰部脊柱管狭窄症に対する治療薬として、リマプロストアルファデクス・ベラプロストナトリウムといった錠剤も処方されます。 

・消炎鎮痛薬

痛み止めの薬で一時的に激しい痛みに襲われた場合、消炎鎮痛剤を処方します。ほとんど場合内服液で処方されますが、高齢者などでは副作用を避けるために座薬が処方される場合もあります。

ただし、消炎鎮痛剤は痛み物質を止めるだけではなく、血管を閉じてしまう作用があり、血流を悪くしてしまいます。
一時的な痛みの緩和に繋がりますが、長期間にわたり使用すべきではありません

一般的には非ステロイド系の鎮痛薬が処方されますが、長期間にわたって服用し続けると胃を荒らして胃潰瘍を起こし、吐き気や下痢などの胃腸症状や過敏症、発疹、肝障害などの副作用が起こることもあります。

・筋緊張弛緩薬

坐骨神経痛の場合、筋肉の緊張による神経圧迫が原因となっています。
筋肉が痛むと反射的にその筋肉は収縮して凝った状態になります。

筋緊張弛緩薬は、凝りが長く続くと痛みも強くなるという悪循環を起こさないように筋肉の緊張を和らげる薬です。
消炎鎮痛剤と一緒に使うと効果が上がります。

・ビタミンB12

坐骨神経痛の痛みの原因に、手先・足先に向かう末梢神経の痛みがあります。
ビタミンB12は、末梢神経機能を安定させることができます。

そのほか、漢方薬を服用している人もいます。
坐骨神経痛の原因である腰部脊柱管狭窄症の治療には牛車腎気丸や、八味地黄丸(はちみじおうがん)などの漢方薬が有効といわれています。

しかし漢方薬は服用した人の主観による効果報告が多く、客観的なデータはありません。