バレエダンサーの坐骨神経痛

バレエダンサーの坐骨神経痛

バレエを習っている人やバレエダンサーとして活躍している方は、坐骨神経痛に注意が必要です。

女の子の習い事の中でも常に上位に入っているくらい人気の高いダンスで、小さい頃から習っている方も多いと思いますが、バレエは優雅に見せる必要があるために、基本的にとても腰に負担がかかる姿勢が多いのです。

バレエダンサーの身体の特徴は

【脊椎の生理的彎曲(S字)が少ない】

背骨が真っ直ぐに近いという事です。
クラシックバレエという競技特性を考えた場合、「脊椎の生理的彎曲が少ない」のは必然であるといえ、むしろ、クラシックバレエのメソッドは、脊椎の生理的彎曲をなくすためのトレーニングであるといえるかもしれません。

「バレエダンサーの技術が高いほど背骨は真っ直ぐであることが多い」という事が、様々な著書でも紹介されています。
人間の身体には脊椎の生理的彎曲は元々備わっているもので、それによって外部からの衝撃や、自分の体重やパワーの反動を吸収・分散し、身体へかかる負担を軽くしています。

生理的彎曲が少ないと、これらの負荷が分散されず、身体が受けることになる負荷はとても大きくなってしまいます。
バレエダンサーにとっての生命線は、この負荷に耐えられるような肉体を作る為に、体全体においての柔軟性の獲得とケアであるといえるでしょう。

【股関節の多方向運動により、骨盤回りへの負荷が大きい】

クラシックバレエの股関節の動きは、少ない動きで最大の力が発揮できるように合理的な身体の使い方をしています。

しかし、股関節外旋位(外に開いた状態)で太腿前面を脱力しながら脚を上げる為、骨盤回りの筋肉にかかる負荷が大きくなってしまいます。 
これが股関節痛や腰痛の直接的な原因となることが多く、自分の身体を理解し、正しく身体使うことが必要不可欠です。

【ポワント(つま先立ち)による、ふくらはぎ・アキレス腱・足首回りの筋肉の硬直】

ポワントによる筋肉の緊張は、「脊椎の生理的彎曲が少ない」、「股関節の多方向運動により、骨盤回りへの負荷が大きい」ことの影響と重なり、下腿部(膝より下)の筋肉と足関節周辺に複雑なスポーツ障害を引き起こします。

バレエを習っている人にとっては、練習は欠かせないもので、坐骨神経痛などの悩みを抱えながら、無理をしていることもあるのではないでしょうか。

しかしながら放置しておいては悪化してしまいます。
坐骨神経痛を我慢する事で、かえってバレエができない結果を招いてしまっては何もなりません。
痛みがある時は我慢せず、きちんと病院に行って治療をしましょう。