坐骨神経痛のセルフケア

坐骨神経痛のセルフケア

体操とストレッチは、坐骨神経痛(腰部脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニア)の改善や予防に効果があるといわれるセルフケアの一つです。

坐骨神経痛は病気の名前ではなく、何かの疾患が原因で起こる症状の名前です。
先ずは、坐骨神経痛の原因となっている疾患は何かを知ることが重要になります。

坐骨神経痛は、多くの場合で腰部脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアが原因となっています。

セルフケアとは、腰部脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアによって起こる馬尾神経や神経根への圧迫、神経の血流障害や炎症などの症状を理解することから始まります。
その病気によって痛みの原因が異なりますので、治療方法も異なってくるのです。

ストレッチや体操を行う前にどのような姿勢が症状を改善する効果があるのかを理解する必要があります。

坐骨神経が起こるメカニズムを理解した上で、日常生活における姿勢や動作を見直し、ストレッチや体操によって症状を改善することを目的とします。

体操とストレッチの違いは、主にストレッチが脊椎の周辺の筋肉の緊張を緩和することを目的にしているのに対し、体操は腰部の筋肉を強化することで腰への負担を減らし、体をやわらかくする為に行われます。

まず、腰部脊柱管狭窄症の場合、狭窄によって起こる痛みを緩和するのには上体を前に倒すことがポイントになります。
前に倒すことにより、狭窄がゆるくなり、痛みが和らぎます。

反対に、腰椎椎間板ヘルニアの場合は、馬尾や神経根への圧迫があるため、治療法としての姿勢は、上体を反らすことが圧迫を緩和する方法になります。
また、上体を前に倒すことは痛みが起きるメカニズム上良くないので、上体の前屈を制限することもポイントになります。

正しい知識がないまま体操やストレッチを始めてしまうと、かえって悪化の要因ともなります。
まずは病気について最低限の知識をもつことから始め、基本は医師や理学療法士指導を仰ぐようにしましょう。