坐骨神経痛は症状名

坐骨神経痛は症状名

以前、坐骨神経痛は、40代を過ぎる中高年の人がなりやすいと言われていましたが、最近では若い人でも坐骨神経痛の症状が出る事が多くなっています。

若い人が坐骨神経痛を発症する場合の最も多い要因は、腰椎椎間板ヘルニアで、次に梨状筋症候群が挙げられます。
これは、若い人の食生活による栄養バランスの悪さや、社会の多様化に伴うストレスなどが原因ではないかと考えられています。

女性の場合では、妊娠がきっかけで坐骨神経痛になる人もいますが、殆どの場合で出産後には症状は治まります。

坐骨神経痛は、何らかの疾患が原因で坐骨神経が刺激され、坐骨神経が通る・・・臀部から太もも、ふくらはぎなど・・・非常に広範囲にわたる領域で痛みや痺れといった症状が出現します。

坐骨神経痛になる主な原因は、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、腰部脊柱管狭窄症、梨状筋症候群、腰椎すべり症、腰椎分離症などの腰の病気が挙げられます。
坐骨神経痛は、坐骨神経がこれらの病気によって圧迫されて発症する神経痛です。

つまり、坐骨神経そのものに異常があるわけではなく、椎間板や骨、神経、筋肉などに異常が出た事によって痛みが引き起こされているのです。

坐骨神経痛になると足がしびれてくるのですが、それは下肢まで伸びている坐骨神経を圧迫しているために起こる症状で、足に原因があるわけではないのです。

坐骨神経痛が発症した場合は、腰に関連した疾患を持っているという事になり、その病気を治療しなければ坐骨神経痛も改善されません。

坐骨神経痛の症状は、原因となっている疾患の進行具合によって変化する、進行性の神経痛です。
坐骨神経痛の症状は、おしりのしびれから始まり、太ももの裏側から膝にかけての足のしびれ、そして末期になると足の先にまでしびれが出てきます。

放置しておくと、歩行困難や排尿障害まで引き起こす事もありますので、足に違和感のあるしびれを感じたら早めに病院で診察を受けるようにして下さい。

また、まれに腫瘍が原因となって、腰痛や坐骨神経痛を起こしている場合があります。
これも深刻な問題で、過去にどこかの部位で腫瘍を経験した方は転移の可能性がありますので、要注意です。