坐骨神経痛に関わる気象状況

坐骨神経痛に関わる気象状況

一般的に、神経痛は寒さや湿気など、季節と気候によっても左右されます。
特にヘルニアや変形性の人で、慢性的に腰痛の症状がある人は、体が冷えることや湿気などによって坐骨神経痛にかかりやすくなります。

雨の降る日や寒い日などは、坐骨神経痛の痛みがひどくなる、という事をよく耳にします。しかし、気圧や気温の変化で、交感神経と副交感神経が活発化するからではないかという有力な説もあるのですが、そのメカニズムに関して実は詳しく分かっていません。

しかし、気圧の変化で
・耳の奥にある内耳が微妙な気圧低下を感じる。
・自律神経を刺激し交感神経の活動が活発になる。
・血管収縮などを引き起こしながら患部の痛みを増幅する、という学者の報告もあります。

また、低気圧が近くなると気圧の変化で体内の主に水分を多く含む組織機関、椎間板などの環境が変化し、神経痛生じるのではないかとも考えられています

寒くなると血管が収縮し、筋肉が緊張することがありますが、これは交感神経の働きによるものと考えられています。
交感神経は、筋肉や関節周辺では血管を収縮させ坐骨神経を圧迫し過敏にさせます。その結果、寒い日は特に坐骨神経痛がひどくなるように感じるのです。

また、雨の日には湿度があがり、体がむくみやすくなります。
身体がむくむと血液の循環が悪くなるので、疲労物質がたまりやすくなります。
結果的に神経痛の悪化につながってくるのです。

雨の日の気圧の変化と湿度の上昇によって、血行が悪くなり神経過敏になった結果、坐骨神経痛をひどくさせているのではないかと考えられています。

冷房などで急激に温度が下がるのも良くありません。 また、気圧が下がるとヒスタミンの分泌が増えるそうです。ヒスタミンは、炎症を起こしたり血管を拡張させ血圧を急低下させたりします。また交感神経を刺激し活発化させてしまいます。

気圧や気温の低下で血管が収縮すれば心臓や脳に影響し、肩こりや坐骨神経痛、腰痛などの痛みも悪化しやすいと云われています。

温度や気圧の急激な変化は、坐骨神経痛ばかりではなく、健康にとって良い事ではありません。

冷房などによる冷え過ぎにも十分に気をつけなければなりません。