女性の場合おしゃれのほうが深刻

女性の場合おしゃれのほうが深刻

女性と男性の体の違いとしては筋肉量がありますが、これは坐骨神経痛にとってあまり大きな影響力は持ってきません。それ以上に深刻になりがちなのがおしゃれによる格好による負担です。女性の場合ハイヒールなどを履く事も多く、下半身に負担がかかってしまうこともよくあります。それらが積み重なってしまうと坐骨神経痛のリスクを高めてしまうことになると言えるでしょう。坐骨神経痛の場合ちょっとした負担が大きな症状として出てきてしまうこともあるので、適度に足を休ませておくことが必要です。それをしておかないと足以外にも症状などが出てきてしまうことがあります。

ハイヒールなどでなくてもウエストの細いものを無理やりはいてしまったり、またはバックなどを利用する時に片方の肩だけに下げてしまっているなどのことも影響してきます。余裕があれば注意をしておきたいところと言えるでしょう。おしゃれよりも最終的には自分の体のほうが大切になってきます。