女性特有の歩き方におけるリスク

女性特有の歩き方におけるリスク

男性は基本的な歩き方をしている人が多く、腰や足に負担をかけることが少ない場合が多いです。しかし女性の場合内股にしたり、わざと小またにしたりなど女性らしさをアピールするような歩き方をする人もいます。そうなってくると当然腰や足に負担がかかってくることになると言えるでしょう。だんだん足の変形にもつながってくることもあり、なるべくであれば普通の歩き方をした方が、全身の筋肉を使う事もできるので体にとって良いものになっていきます。クセになってしまうと歩き方を変えるのは難しく、どんどん負担が溜まってしまうことになるので注意です。

男性であっても少し崩れた歩き方をする人はいます。崩れた歩き方は非常に非効率なので通常の歩き方を意識した方が良いと言えるでしょう。骨盤の矯正などにもつながる事もあるので歩き方は重要です。逆に歩き方が崩れていると骨盤の歪みがどんどん大きくなってしまい坐骨神経痛のリスクをいっきに高めてしまう結果になるでしょう。