ヘルニア型坐骨神経痛で注意すること

ヘルニア型坐骨神経痛で注意すること

お尻や足の痛み、しびれを感じたら、坐骨神経痛ではないかと疑いますが、坐骨神経痛が引き起こされる要因には色々なものがあります。

原因によって治療法も違う場合がありますので、まずは自分でできるチェックからしてみましょう。

まっすぐに立った姿勢から上体を後ろに倒すと痛みが増すときは狭窄型坐骨神経痛で、脊柱管狭窄症が疑われます。
一方、まっすぐに立った姿勢から上体を前に倒すと痛みが増加するのがヘルニア型坐骨神経痛で、椎間板ヘルニアが疑われます。

また狭窄型は50代以降の人に発症することが多く、ヘルニア型は30代前後の若い人の間に多い坐骨神経痛です。しかし、中年以降の人にもないわけではありません。

普段の姿勢や動きなどが、痛みなどの症状に大きく影響してくるため、日頃から自分の体の動かし方に関心を持ち、注意を払う必要があります。

ヘルニア型の坐骨神経痛を患っている人は、からだを前に倒す姿勢や動作は厳禁です。

椎間板ヘルニアの特に急性期には、身体を前後に動かす腹筋運動は行なってはいけません。

他にも、ヘルニア型坐骨神経痛の人が避けたい行為はあぐらをかく、横すわりをする、やわらかいソファにすわる、足を投げ出す、などです。
急性期の痛みが激しい時には、これらの行為はむしろできないかもしれませんが・・・

また正座を行なうときは、膝と太ももの間に座布団かクッションを挟むようにするとよいでしょう。

つまり、ヘルニア型の坐骨神経痛の場合は、腰の前屈、中腰、長時間の座位、同じ姿勢を長時間続けることなどを避けるように心がけなければなりません。

痛みが激しい場合には、横になって休むようにしましょう。