坐骨神経痛、初期の特徴

坐骨神経痛、初期の特徴

坐骨神経痛の特徴は、臀部や大腿部に痛みを感じるという事です。
このような特徴的な症状があるので、わかりやすいと思うのですが、このような特徴的な症状を自覚することになるのは、坐骨神経痛の状態がある程度進行してしまっていると云えます。

勿論、人によってそれぞれ個人差はありますが、最初は本当にちょっとした違和感しか感じないことが多いのです。
僅かな違和感だと、あまり関心も持たず、すぐに治ると思って放置してしまいます。
全く気付かない事さえあるかもしれません。

坐骨と呼ばれる部位は、椅子に座るとちょうど当たる部位で、この腰椎から出た神経が下肢へ向かう為の出口に当たる部分です。坐骨神経痛の初期症状はこのあたりの痛みから出現します。
座ると「ズーンとした重い痛み」をお尻に感じ、お尻の筋肉が凝っているため、思わずトントン叩いてしまう事があります。

神経痛の痛みは、打撲したり、キズの痛みなどとは違った痛みなので、経験したことのない人は、初めは変な筋肉痛?と考えてしまいます。

お尻の裏側から太腿の裏側へ、そして膝から足先へと違和感を感じるようでしたら、坐骨神経痛の可能性が大です。

坐骨神経痛は病名ではなく、症状名です。
坐骨神経痛を発症するという事は、原因となる病気が隠れています。

治療が遅れると症状の悪化につながり、取り返しのつかない事になったりします。
不意に感じる痛み、または今まで感じたことがないような「何となく変な感じがする」などの違和感を感じるようでしたら坐骨神経痛を疑って、専門医を受診し、原因となる病気の特定をしましょう。

早めの行動をして損をすることはありません。診てもらった結果、坐骨神経痛でない場合も安心できる事になります。