椎間板ヘルニアで坐骨神経痛

椎間板ヘルニアで坐骨神経痛

椎間板ヘルニアの症状として坐骨神経痛があります。この場合症状として大きなものになってしまうこともあり、症状が緩和してきたからといって油断をすることはできません。椎間板ヘルニア自体をしっかりと治療していかないと、坐骨神経痛の症状が消えることはあまりないと言えるでしょう。長期的に付き合っていくことが必要になることを知っておく必要があります。仮にしっかりと完治する前に運動などをしてしまうとそこからまた傷みが出てきて治療までの期間が長くなってしまうこともあります。そうなると運動をすること自体がかなり難しくなるので、しっかりと治す時には治すということを重要視していく必要があります。

運動などに多くの時間を費やしてきた人でも同じです。その間は運動を我慢することが必要でしょう。それによって将来的に体にどのような影響が残るかが決まってきます。将来的に影響が残ってしまうと、それこそそれまでの努力などがあまり意味を持たなくなってしまうと言えるでしょう。