坐骨神経痛対策「正しい座り方」

坐骨神経痛対策「正しい座り方」

坐骨神経痛・腰痛の治療、予防として一番大切なのは、正しい姿勢を保つことです。

姿勢が悪いと、脊椎や腰部周辺の筋肉にかかる負担が偏ったものとなり、坐骨神経痛などの症状を起こす事となったり、症状が悪化してしまう原因となります。

現代の社会において、デスクワークはパソコンが中心となり、パソコンの前に座りっぱなしで仕事をする人が多くなっています。

長時間集中していると、無意識に画面に近づいて、あごを前につき出し、背中が丸まった姿勢になっていることが多いと思います。
このような悪い姿勢は腰に負担がかかり、血流も悪くなってしまうため、腰痛が起きる要因となるのです。

良い座り方は、椅子に座る場合は、

・お尻を背もたれにぴったりくっつけて、深く腰掛けます。
・背筋を伸ばして、背もたれに自然に背中全面が付くようにします。
・軽くあごを引いて、お腹を引っ込めます。お腹に力を入れると、自然に腰から背骨がまっすぐになります。
・足は組まない。
・膝は90度に曲げた状態で床に足の裏が全部ぴったり付く高さが理想です。高さが調整できない椅子の場合は、座面に硬めのクッションを敷いて高くしたり、足の下に台を置くなどして膝の位置を調整してみて下さい。

椅子に浅く座る座り方は背中が丸くなってしまい腰椎の前湾がなくなってしまうので、出来るだけ避けるようにしましょう。
腰椎の前湾がなくなってしまうと坐骨神経痛や腰痛の原因になってしまいます。

畳や床に座る時は、横座りや両足を横に出して座る事も、骨盤のゆがみを招きますのでやめましょう。
両膝を立てて座る体育座りも避けて下さい。

また、机を手前の方向に少し傾けると疲れの度合いも減るという事です。

長時間の正座を余儀なくされる場合には、我慢をせず座椅子を用意して足を投げ出すか、あぐらをかいて座るようにしましょう

正しい姿勢に体が慣れれば、無意識でもこれが楽な姿勢になってきます。
正しい座り方をすれば、腰痛だけでなく肩こりや目の疲れも軽減できます。

そして、何よりも肝心なことは、長時間同じ姿勢のままで過ごさないようにするという事です。

いくら正しい姿勢でも、同じ姿勢で座りっぱなしでいては、やはり筋肉が緊張して血行が悪くなってしまいます。
時々お尻の位置を変えたり、軽く体を動かしたりして筋肉や関節を動かすことが重要です。

人間の身体は、元来同じ姿勢を長時間保つようにはできていないそうです。