他にもある坐骨神経痛の原因

他にもある坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛が起こる原因として、これまでみてきたように腰部脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアによる痛み以外に、神経そのものが炎症を起こして痛みが起こる場合があります。

 神経の炎症の症状としては、下記のようなものがあげられます。

 ・多発性神経炎・・・多数の末梢神経が系統的に侵される病気です。原因は遺伝、アレルギー、有害物質、悪性腫瘍、糖尿病、またビタミンBの欠乏、膠原(こうげん)病など色々です。
膝から下に痛みが出ることが多いため、腰部脊柱管狭窄症による坐骨神経痛と勘違いしやすいのですが、全く違います

・総腓骨神経麻痺・・・坐骨神経から分かれて脛骨神経と腓骨神経となっており、その腓骨神経がマヒするすることで、下肢に痺れを生じます。
原因としては、膝の外傷や手術、大腿骨や腓骨の骨折、膝の裏側を圧迫するギプス、包帯、ロングブーツの使用などがあります。

・脊髄腫瘍・・・脊椎管内の脊髄とその隣接組織、硬膜、くも膜、脊椎骨などから発生する腫瘍、並びに他の部位からの転移性腫瘍です

・馬尾腫瘍・・・脊髄腫瘍のうち,腰椎部すなわち馬尾部に存在する腫瘍を馬尾腫瘍と総称します。
腰椎椎間板ヘルニアの症状と似ているため、椎間板ヘルニアの治療を行って効果がなく、はじめて馬尾腫瘍と気づくケースが多くあります。