坐骨神経痛の症状改善に、ヨガの効果

坐骨神経痛の症状改善に、ヨガの効果

坐骨神経痛とは 坐骨神経が圧迫されることによって生じる 神経痛の総称です。

坐骨神経痛の症状は、運動系の症状、知覚系の症状、自律神経系統の症状に分けられ、傷害されている神経によって、症状の出てくる場所が決まっています

坐骨神経痛の主な症状として、腰から臀部にかけての痛み、更に太ももの裏から足へかけての痛みやしびれ、体を動かすと痛みやしびれが増大する、痛みのため歩行が困難になる、足に力が入らなくなる、左右足の筋肉に差が出てくるなどの色々な症状があいます。

ヨガが坐骨神経痛の症状改善や予防と再発防止に効果があるそうです。
ヨガを始める動機はダイエットや、身体のバランスを整えるためといった事が多いかもしれませんが、ヨガが注目を集める理由は、病気の治療に役立つ事があるということです。

腰痛防止において非常に大切な事は、自分の腹筋と背筋の状態です。
腹筋と背筋を強化することで、腰痛防止に大きな効果があります。

ヨガは、ゆっくりとした動きが多いので体にかかる負担も少ないといえますし、ヨガをすることによって、徐々に腹筋背筋の筋力強化ができるとともに、正しいきちんとした姿勢が身についてきます。
姿勢がよくなると見た目でもキレイになりますし、腰にかかる余計な負担がなくなります。

現在ヨガには様々な種類があり、その中のひとつに骨盤ヨガがあります。
ヨガには本来歪みのある骨盤を矯正するという効果もありますが、この骨盤の歪みに着目して、「歪み」を矯正するポーズに集中して行う事ができるのが骨盤ヨガと呼ばれるものです。

この骨盤ヨガを行うことで、体の中心にある骨盤が正常の位置に戻りますので、骨盤だけでなく体全体の歪みも改善されてきます。
歪みによって生じていた体調の悪さをすっきりと治すことができます。

また、ストレスの多い生活をしている人にとって精神状態を穏やかにするリラクゼーション効果もあります。
特に出産を経験した女性は、骨盤のゆがみが生じていて、その状態を放置すると、ゆがんだ骨盤によって余分な部分に脂肪がつくという産後太りの原因となり、いくらダイエットしてもあまり痩せないという結果になる場合もあります。

しかし、全ての坐骨神経の方にヨガが適している訳ではないので注意が必要です。
坐骨神経痛などの腰痛もちの人は、決して無理のないように、医師に診断を受け相談した上で始めるようにしましょう。