狭窄症を原因とする坐骨神経痛

狭窄症を原因とする坐骨神経痛

怪我などによる痛みは、その部分が炎症を起こして痛むものなのですが、坐骨神経痛の場合、痛みの出ている部分に炎症がおきているわけではないのに、痛みます。

それは、坐骨神経が、下肢の運動機能や知覚、膀胱や直腸などの排尿排便の機能までも支配している人間の身体の神経では一番太くて、長い神経だからです。

坐骨神経に関連している箇所に炎症が起こると、坐骨神経の走っている臀部や下肢にかけて痛みやしびれが生じるのです。

足の痛む原因は何か(坐骨神経痛を起こしている原因となる疾患は何か)を知ることで、症状を軽減するための治療もスムーズに進むことになります。

高齢者の坐骨神経痛の原因として多いものに、腰部脊柱管狭窄症があります。
この腰部脊柱管狭窄症を原因とする坐骨神経痛は、上体を後ろにそらした時に痛みやしびれの症状が強くなるのが特徴です。

軽度なものは太ももや足に痛みやしびれを感じる程度ですが、症状が進行すると歩行中に足の痛みで歩行困難となり、しばらく休むとまた歩行できるという間欠跛行が起こってきます。
坐骨神経は排尿排便の機能もコントロールしているため、さらに症状が悪化すると、排泄障害が起こる事や、股間に熱を持つなど違和感があることもあります。

自転車に乗った時、歩行器やシルバーカー(乳母車)を押している時、杖をついている時などは、自然と姿勢が前かがみになります。

この狭窄を原因とする坐骨神経痛の場合は、前かがみの体勢になると痛みが緩和されるため、上記のように歩行の際は、自転車、シルバーカー、杖などを利用して歩くと、坐骨神経痛の痛みをさほど感じることなく歩行が可能になります。

無理に背筋を伸ばして姿勢をよくすると痛みがひどくなって症状が悪化する可能性があるので、このような場合は前傾姿勢を保つようにします。

女性なら老化による場合、男性なら前立腺肥大症による場合に排泄障害が起こることがありますので、坐骨神経痛によるものとの鑑別が必要です。
先ずは整形外科で診察を受け、必要であればまたは泌尿器科での診察も受け、適切な治療をして下さい。