坐骨神経痛の原因の一つ「圧迫骨折」

坐骨神経痛の原因の一つ「圧迫骨折」

坐骨神経痛の主な原因は腰部脊椎管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアであることが多いのですが、その他にも背骨の圧迫骨折が原因で坐骨神経痛を発症する事もあります。

圧迫骨折とは、外傷や椎骨の弱体化によって椎骨が崩壊することをいいます。
椎骨の弱体化は、骨粗鬆症や骨形成不全の患者、原発もしくは転移性骨腫瘍、感染などのよって起こってきます。
健康な人の場合の圧迫骨折は、強い垂直的な圧力がかかった場合に起こります。

脊椎が圧迫骨折を起こすと、脊柱管を形成している椎骨が押しつぶされ、他の神経を圧迫して腰痛や坐骨神経痛を起こします。
圧迫骨折の場合はすぐに骨折したことに気のつかない人もいるようです。

高齢の女性の背中が円くなっていく(老人性円背)のは、胸椎に白然におこった多発性圧迫骨折が原因です。
女性は閉経になるとホルモンのバランスが崩れることなどから骨粗しょう症になる人が多くいます。

骨粗しょう症になると、骨の内部がスポンジのようにスカスカになり、骨がもろくなります。
そのため、骨がつぶれる圧迫骨折を起こし、また骨折しやすくなってしまいます。

骨粗しょう症の高齢者は、比較的軽い力が加わっただけで、あるいは、ほとんど外傷が加わらなくても、自然に椎体の圧迫骨折がおこることがあります。

高齢者が、尻もちをついたくらいで背中の痛みを訴えたら、脊椎圧迫骨折を疑ってみる必要があります。

著しい骨粗鬆症がある場合は、せきをした程度でも骨折することがあり、圧迫骨折がおこった部分に、痛みを訴えます。

その他、くる病や骨軟化症、賢性骨異栄養症などのような代謝性の骨の病気によって、骨の強度が低下していく事も圧迫骨折の原因となります。

骨粗しょう症の主な原因はカルシウム不足です。
カルシウムが不足すると、特に背骨の骨の内部に多くある海綿骨が減少し始め、骨の構造そのものが変化を起こすといわれています。

カルシウムは骨を作るだけでなく、心臓や脳が正常に機能するために必要な物質なので、、体内のカルシウムが不足すると、生命維持のために骨に存在しているカルシウムが血液中に流れ出すようになっており、骨粗しょう症の要因となるのです。

今までと同じ食事を摂っていても、年齢と伴にカルシウムを効率よく吸収できなくなる原因は、ホルモンの分泌が減るからだといわれます。
これは、もう仕方のない事ですから、できるだけカルシウムの多い食事をし、適度な運動をするように心がけましょう。
また、1日に1時間ほど日光を浴びる事を習慣にすることも、骨粗しょう症を防ぐ方法です。