女性ができる生活習慣の改善

女性ができる生活習慣の改善

女性は男性に比べると、当然筋肉の量が少ないので、その分女性の方が腰椎、背骨といった部分に対して負担が大きくなります。

閉経によるホルモンのアンバランスを起こすのも女性のみですし、また、女性には冷え性の方も多いです。

このように女性特有の理由で、坐骨神経痛に対するリスクが高くなりますし、また、カルシウム不足も坐骨神経痛の原因の一つとなります。

日常生活を見直す事よって、坐骨神経痛に対するリスクを減らすことができます。

【同じ体勢で長い時間過ごさない】

例えば、仕事がデスクワークであれ立ち仕事であれ、同じ体勢で長い時間過ごす事は坐骨神経痛の原因となります。
少しの時間でもいいので、ラジオ体操のようなものや簡単なストレッチで体を動かすようにしましょう。

【バッグを持ち替える】

いつも同じ方で鞄を持つ事、また同じ側の肩に鞄をかけるのも背骨や骨盤のゆがみの原因となります。 意識して交互に持ち替える・掛けかえるようにしましょう。

【腹筋・背筋の強化】

腹筋・背筋を鍛えることにより、背骨にかかる負担を軽減できます。
また、体重の減少にも繋がる為、腰の対する負担も軽くすることができます。

【身体を冷やさない】

血行が悪くなると筋肉に栄養がいかなくなり、こった状態になります。
これは坐骨神経痛にも良い影響を与えません。

女性には冷え性と云う特徴がありますので、体を冷やさないようにしなくてはなりません。末梢血管の血行が悪化しないように、ゆっくりとお風呂につかることも効果的です。
また、適度な運動をすることも効果的です。

その他、中腰になる事は極力避けましょう。
重いものを持つ時は、腰を曲げた状態で持ち上げるのではなく、腰を落として膝をついて持つようにします。腰は伸ばすことを意識しましょう。

また、カルシウムの積極的な摂取ヒールの高い靴はなるべく履かない、椅子に座った時は脚を組まないようにする・・など、ちょっとしたことで、腰への負担を減らす事が出来、坐骨神経痛のリスクは軽減されます。