坐骨神経痛を詳しく知る

坐骨神経痛を詳しく知る

坐骨神経は人の体の中でも大きな神経であり、非常に重要な神経となります。足の多くの部分に関係している神経になっているので、これを損傷してしまうとそれだけ多くの影響が出てきてしまうことになります。大きな神経ということもあり丈夫なように見えますが、筋肉や関節の影響を受けてしまうことで傷んでしまうことはあります。特に腰痛の原因になりやすく、また他の合併症なども考えられるので坐骨神経の様子をよく観察しておくこと足のしびれなどの有無を確認しておくことは健康の上でも非常に重要な要素になってくると言えるでしょう。

坐骨神経は、一本の神経ではなく、二つの神経から成り立っています。それも多くの部分に影響を与えている要因になっていると言えるでしょう。下半身全般的に坐骨神経が支配していると言えますが、細かい所を見ていくと、坐骨神経のうちの一本ずつが支配している事になり、坐骨神経でも損傷する部位によって影響が出てくる場所は変わってきます。

ひざから下に影響が出てきてしまう場合も、坐骨神経痛では当然あることになりますが、前面か後面かによって損傷している神経は変わってくることが多いです。時に両側に見られることもありますが、坐骨神経の二つのうちどちらか一つであると、前か後ろかに分かれることが多いと言えるでしょう。足の筋肉をコントロールするのにも神経は大きく影響していますし、感覚にも大きく影響しています。そのため神経に大きな損傷ができてしまうことでしびれや筋肉の麻痺などにつながってしまうことになると言えるでしょう。神経が圧迫などによって麻痺している場合であれば、その圧迫を除けばしびれなどの障害を除いていくことも可能となりますが、傷がついているとそれも難しくなってしまう場合もあります。

また神経の根本にちかければ近いほど、多くの面に影響が出てしまうことが考えられ、非常に私生活に影響が出てしまうこともあります。坐骨神経と呼ばれる部分は二つの神経が重なっている部分といってしまうこともでき、根元の部分となっていきます。その部分を傷害してしまうことがあると、当然大きな症状が出てきてしまうのがすぐにわかることになると言えるでしょう。