坐骨神経とかかわりが深いけい骨神経

坐骨神経とかかわりが深いけい骨神経

坐骨神経とかわりが深いもう一つの神経としてはけい骨神経があります。この神経もひざから下の部分でおもに活躍している神経になるのですが、この神経の場合は、足首を伸ばすというような作用をする筋力に大きく影響を与えている筋力になると言えるでしょう。そのためこの神経も歩行に関して重要な役割を持っていて、この神経が上手く働く事がないと歩く事が困難になってしまうことも考えられます。

坐骨神経の上の根本で障害が起きてしまうことでも当然このけい骨神経が傷んでしまうことがありますが、骨折などによって障害が出てきてしまうこともあります。骨折などをした時にしっかりと治療をする事ができないとこの神経に何らかの影響が出てきてしまうこともあると言えるでしょう。そのためしっかりと完治するまで運動を我慢する事も重要な治療の要素となっていきます。

足首を伸ばす運動に大きく影響しているため、このけい骨神経が傷つけられてしまうと、足首を伸ばせなくなってしまうことになります。これはどのようなことに影響を与えていくかと言うと、歩行をしていく時に足で地面を蹴っていくことになります。このときの運動ができないことになると言えるでしょう。

文章にしてみるとたいしたことがないように思えるかもしれませんが、足で地面を蹴る事ができないというのはかなり支障がでることになります。片方の足を前に出すことが非常に困難になってしまうことになります。つま先立ちができないためにバランスもとりづらくなってしまうことになるでしょう。つま先からゆっくりと降りることができなくもなるので足首全体に大きな衝撃を与えてしまうことにもなり足首を痛めやすくもなります。当然体重が重い人にとっては骨などに影響が出てきてしまうこともあると言えるでしょう。

そのためこの神経を損傷してしまうということは思っている以上に大きな影響力をもってくることになります。転んでしまった時などにも上手く対応する事ができなくなってしまうことなどもあり、大怪我につながってしまうことも可能性としてはあると言えるでしょう。坐骨神経痛になってくると感覚などの麻痺も起こってきますが、当然けい骨神経を損傷してしまった時にも感覚の麻痺は出てくることになります。麻痺が出てきてしまったときには当然よりいっそう歩きにくくなってしまうことが予想される事になるでしょう。

歩行以外にも危ないものがないかなどの環境への配慮も非常に重要な要素になってくると言えます。