骨盤矯正からの坐骨神経痛改善

骨盤矯正からの坐骨神経痛改善

坐骨神経痛の原因はいくつかありますが、その中には体の歪みや骨の歪み、神経の圧迫などがあります。これらと非常に深く関係してきているのが骨盤の歪みです。骨盤と言えば奥の人がどこにあるものかを簡単に想像することができますが、骨盤がどれだけ大きな力を持ってきているかを理解している人はあまりいません。骨盤は体の中のバランスをとるために非常に重要な器官でもありますが、体の外部のバランスをとるためにも大きな力を発揮してくれています。そのため骨盤の歪みは大きな体の歪みにつながっていくことになるでしょう。

骨盤に歪みが生じてくるだけで内臓の機能性というのに大きく異なってきます。腸などは機能性が低下してしまったりする場合もあると言えるでしょう。骨盤をしっかりと正しい位置で保持するのは大切なことです。

                                                                                                                                

人には筋肉という固定装置がしっかりと付いていることになります。この固定装置は非常に優秀であり、ある程度の柔軟性をもっていて、位置がずれてしまったとしてもある程度であればしっかりともとの位置に戻してくれるようになります。

しかしその柔軟性があるが故に、一度筋肉が緩んでしまったり、逆に縮んでしまうことがあるとそこから正常な位置に戻すには時間が必要になり、時にそこから歪みが生じてきてしまうことになると言えます。

骨盤の位置を正しくすることができないと、神経の圧迫につながることもあると言えるでしょう。当然坐骨神経を圧迫してしまう危険性もあることになります。坐骨神経の圧迫は下半身に大きな影響力を残してしまうおとになるので、そのせいで生活のしづらさにつながってしまうこともあるということになります。

また時に骨盤の歪みが体全体の歪みにつながり、姿勢の悪化でさらに内臓を圧迫してしまうようになるという場合もあります。これには非常に大きな注意が必要と言えるでしょう。

このような状態になってしまったからと言って、お手上げということでもなく、骨盤矯正などを行なうことで、しっかりと骨盤の位置を戻していくことができる場合もあります。矯正することですぐに戻るわけではありませんが、筋肉を鍛えるだけというよりもバランスよくそして短時間に骨盤の矯正ができる場合が多いです。

坐骨神経痛の全てが骨盤によるものとはいえないので、骨盤矯正で改善する坐骨神経痛の症状もあれば、改善をあまり見せない状態のものもあると言えるでしょう。骨盤矯正を一回行なったからと言ってすぐに体のクセが消えるわけでもありません。長年骨盤のバランスが崩れていればいるほど、矯正に必要な時間も多くなる傾向があります。姿勢の悪さがどうやってもよくならなかったのに、骨盤矯正をしてみたら自然と良くなっていくということもあります。それくらい骨盤のもつ力や影響力は大きなものがあることになると言えるでしょう。

坐骨神経痛も腰痛の中で悩みの大きい症状になることが多いものです。対策について知っておくのは良いことでしょう。いざとなった時に対処のしやすさというものが変ってくることになります。