坐骨神経痛とは

坐骨神経痛とは

坐骨神経の坐骨とは骨盤の一部です。
坐骨神経痛とは症候性の名前でその原因はいくつかの項目に分類されます。

神経痛とは、人の体においてさまざまな原因により、末梢神経が刺激されることに起因する痛みのことをいいます。

末梢神経は脊髄と全身の体の筋肉の連絡を受け持ち、全身の運動を制御しているものです。
坐骨神経は、脊髄髄節から伸びている末梢神経のひとつです。

その末梢神経の中で、背骨の腰の部分である腰椎と仙椎(骨盤の中心部)から出てくる神経がまとまって坐骨神経となり、骨盤の中から、脚に向かって走っています。

この神経は、運動神経、知覚神経、自律神経の繊維を含んでいるので、障害時はそれぞれ筋肉の痛み、感覚異常(冷え、鈍感、他)、内臓の不調などの神経症状が出てきます。

坐骨神経痛という名前は症状名なのですが、実は非常に曖昧な診断名でもあり、原因は沢山あります。
そして、坐骨神経痛と呼ばれる症状には重大な疾患が隠れていることも多いので、きっちりとした診断が重要なのです。

坐骨神経痛の痛みを自分で確認するには、上向きで寝た状態で下肢を伸ばし、ゆっくりと持ち上げます。この時に坐骨神経が引っ張られますので、痛みが出てくるようになります。
これはストレートレッグレイジングと呼ばれる整形外科で行う検査法です。

坐骨神経痛は腫瘍や血腫、感染、内臓の病気、脊髄の異常などの重大な原因が隠れていることがあります。
自覚症状はどれも似ていますので、ほっておくと重大な病気を見逃してしまう恐れがあります。

まずは病院(整形外科が良い)メディカルチェック受けなければなりません。
重大は疾患が隠れていなければ、筋肉の異常や骨格の異常を疑い、それが原因で起こる椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などの可能性も調べていきます。

まずはメディカルチェックを受け、坐骨神経痛の原因を特定する事が早く確実に治癒するためにも重要なポイントとなります。