帯状疱疹後神経痛

帯状疱疹後神経痛

子供の時にかかる水ぼうそうはウイルスが原因です。
脊髄神経節に入り込んで潜んでいたこのウイルスが、何年かたってから皮膚に運ばれ、再び表に現れてくるものを帯状疱疹といいます。

そしてその場所に感染し更に感染した神経がある皮膚に激しい痛みを感じるようになります。帯状疱疹の痛みは、ウイルスが神経を傷つけるために起こるものです。

ほとんどの人が子供の頃に一度ウイルスに感染して免疫ができているので、発症しないのですが、疲れや、抵抗力の低下が原因で発症します。

単なる筋肉痛だと思っていると、赤いブツブツが出て、次第にそれが広がっていき、かゆみが起こりその後に痛みを生じます。
そして皮膚には湿疹ができ、水泡も現れます。

時には眠れないほど激しい痛みになることがありますが、小さなブツブツの中心の水泡がつぶれてかさぶたになったあと乾燥して治ります。

2~3週間ぐらいで皮膚が治る頃には痛みも消えていきますが、一部の人では皮膚が治った後も痛みが続きます。
これが帯状疱疹の最も厄介な後遺症で、ウイルスが坐骨神経を侵す事で帯状疱疹後神経痛といわれる、いわば坐骨神経痛を発症します。10年以上も痛みが続く場合があります。

若い人の場合、帯状疱疹の回復は良好ですが、高齢者では回復が困難で、帯状疱疹後神経痛が残りやすいといわれます。

そのため、帯状疱疹に詳しい医師に診てもらい治療段階から帯状疱疹後神経痛にならないような治療を受けることが重要です。

帯状疱疹かなと思う症状がでたら早期に専門医の診断を受けて、帯状疱疹後神経痛の一つ坐骨神経痛を回避するようにしましょう。