名医にできる事

名医にできる事

坐骨神経痛の原因として、腰椎椎間板ヘルニア、腰椎すべり症、変形性腰椎症、梨状筋症候群、脊柱管狭窄症などが挙げられます。

酷い坐骨神経痛で悩まされている方は名医のいる病院を見つけて診察をしてもらいたいと思うのは当たり前の事です。

坐骨神経痛で急性期の痛みは、基本的には初日がピークとなるため、痛みが治まってくると治った考える方もいます。

しかし、一時的に治まっても完治したわけではありませんので、早い段階で坐骨神経痛の名医がいる整形外科で診断を受け、適切な治療を受けておくことが重要です。

アイシングなどは一時的な処置ですので、一時的には良くなっても、専門医の診察を不要とするものではありません。

名医によって痛みを取り除くための処置をしてもらう事で、痛みはおさまってくる事でしょう。
その後、再発防止のための指導を受けると思いますが、そこから先は名医の指導はあるものの、努力しないといけないのは患者本人です。

例えば、体重が過度に増加すると、それだけ腰にかかる負担が大きくなりますので、適正な体重を管理することが重要です。

これはいくら坐骨神経痛の名医でも施術でできることではなく、患者さん自身の心がけが必要となる事なのです。

その他にも、脊椎への負担を減らし、腰痛の改善や予防の為には腹筋や背筋の強化も重要になってきます。
ストレッチや体操、ウォーキングなどで筋力強化を図りますが、これも又、患者自身の頑張りが必要なことです。

名医が患者にできることは、診断により坐骨神経痛の原因を明確にし、その原因に合った治療を施すことです。

また、せっかく治療しても再発してしまったのでは、せっかく坐骨神経痛の名医を見つけた意味も失われてしまいます。

再発を防ぐためにも、医師にすべて頼るのではなく、患者自身においても生活習慣を見直すことは大切で、「自分で坐骨神経痛を治療する」という気持ちを持つことが、名医を見つけるとともに、重要なことなのです。