坐骨神経の代表的な原因

坐骨神経の代表的な原因

坐骨神経痛は症状の名前であり、これ一つで存在することはあまりありません。言ってしまえば風邪の中での症状の一つである咳やくしゃみのようなものと言えるでしょう。当然咳やくしゃみのようにいつか治るというのとは違うことになりますが、単独で存在しないと言う意味では似ていることになります。坐骨神経痛が出てくる一番多い原因としてはぎっくり腰が上げられるかもしれません。椎間板ヘルニアなどとの関連も深いものですが、ぎっくり腰は、体験する人も意外と多く、その分ぎっくり腰のほうが坐骨神経痛とは関連付けやすいと考える事もできます。当然椎間板ヘルニアとも関連は深いものになりますが、ここではぎっくり腰との関連を見ていくことにします。

ぎっくり腰は突然大きな痛みに襲われる事もあり、予想できない傷みが予想できないときに来るので本当に不意打ちのようになってしまうこともあります。そのため立つことができなくなってしまったり、動くことができなくなってしまう場合も多いと言えるでしょう。

安全な場所でそのようなことになればまだ良いのですが、問題は危ない場所、足場が不安定な場所でぎっくり腰になってしまった時です。このような時はぎっくり腰の症状も大変なものですが、それ以上に命に関わる状態に発展してしまう可能性もあることになります。当然緊急的な助けが必要になることもあれば、大きな事故になってしまうこともあると言えるでしょう。ぎっくり腰はこのような点から見ても非常に怖い症状ということがわかります。

無理をしない、腰に負担をかけないという基本的なことで防ぐことができますが、無理をしているつもりがなくても、急に力を入れた瞬間にぎっくり腰になってしまうこともあります。そうなってしまうとなかなか大変なことになると言えるでしょう。

ぎっくり腰がきっかけになり坐骨神経痛を引き起こしていることもあるので、痛みがあまりにも大きくなるまたは消えないようであれば坐骨神経痛を疑った方が良いと言えるでしょう。そのまま我慢をしていると痛みのほかにも痺れなどが出てきてしまうこともあります。そうなると治療を進めるのも一苦労になってしまうと言えるでしょう。

坐骨神経痛に関してしっかりと興味を持っておく事も大切ですが、原因となりやすいぎっくり腰に対してもしっかりと警戒しておくべきということになるでしょう。若い人でも決して安心しきることはできないので、力仕事をする時には注意が必要です。