坐骨神経痛の足の痺れ

坐骨神経痛の足の痺れ

坐骨神経痛の方が、足が痺れるとおっしゃることが多いのですが、なぜでしょうか。

坐骨神経が腰からお尻、足の先に至るまで長い範囲に伸びている神経で、坐骨神経のどの部分が障害を受けるかによって症状の出方は変わってきますので、人によって痛む場所も当然変わってきます。

一括りに坐骨神経痛といっても、原因となる疾患はそれぞれ違いますので、まずは整形外科を受診し、原因をはっきりさせる事が最も大切です。

坐骨神経痛の原因が、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などの場合には、下肢に痛みや痺れを生じます。

このような場合、自己判断で大丈夫だと思って放置していると、足がしびれているだけでなく麻痺してしまう可能性もあります。
このように坐骨神経痛原因となる疾患の中には決して見逃してはならない病気が隠れている事も考えられます。

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症が原因の、下肢痛や痺れは専門家によるリハビリや生活指導に基づく、患者の日常生活の見直しで改善されることが多々あります。

坐骨神経痛の治療で手術が適用されることはほとんど無いので、痛い時には我慢しないで早めに病院へ行きましょう。そのほうが治りも早くなります。

原因によっては鍼灸治療や漢方薬や筋肉を強化する運動などを加えることで、より良く、早く改善につながるかもしれません。

世界の中でも長寿大国である日本です。人生を大いに楽しむためにも、腰や足を大切に考えることは重要なことだと思います。