原因となる疾患

原因となる疾患

坐骨神経痛は、腰部脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアの症状の一つとして現れることが多く、狭窄型坐骨神経痛、ヘルニア型坐骨神経痛、合併方坐骨神経痛と3つのタイプに分類することができます。

坐骨神経痛の治療は、薬物療法、装具療法、理学療法、神経ブロック療法などと、併せて、日常生活で行なえる体操やストレッチ等も行なっていく事になります。

そのため、自分がどのタイプの坐骨神経痛なのかを知っておく必要があり、整形外科で診断してもらうのが一番適切な方法です。

それぞれの原因となる疾患ごとの治療方法で治療を行い、併せ自己管理をすることで、痛みを改善していくことができます。

【坐骨神経痛のタイプをチェック】

まず、平らな床の上に立ち、上半身を前後に倒してみて、どこで痛みやしびれが起こるかで判断します。

狭窄型坐骨神経痛・・・上半身を後ろにそらしたときに痛みやしびれが強くなる

ヘルニア型坐骨神経痛・・・上半身を前に倒したときに痛みやしびれが強くなる

合併型坐骨神経痛(狭窄症とヘルニアを併発)・・・上半身を前に倒しても後ろにそらしても痛みが増す

合併型の場合、痛みがひどくて前にも後ろにも体を倒すことができないという事は、かなり深刻な状態と考えられますので、早めに整形外科を受診することをお勧めします。

また、安静にしていても激しい痛みが治まらない、症状が両足に出ている、などの場合は坐骨神経の傷害以外の原因が考えられます。

坐骨神経痛の痛みだ、と思っても、実は足の血管が詰まっていたり、子宮がんや前立腺がんが原因のこともあるのです。

腰やお尻、足の痛み以外にも動悸、息切れ、更年期障害、排尿障害、歩行障害などの症状がある人は、それぞれの専門医の診察を受けなければなりません。