坐骨神経痛と足裏の関係とは

坐骨神経痛と足裏の関係とは

坐骨神経痛を予防する時に運動をするという選択肢があります。これは坐骨神経痛だけではなくほかの腰痛や運動不足解消などにも役に立っていきます。そのため定期的に運動をしていて損はないでしょう。体力を付ける事もできるので、しっかりとした体作りをしていくこともできます。しかし坐骨神経痛の予防方法としては運動だけではありません。意外な部分にも坐骨神経痛の予防策があることになります。そのうちの一つが足裏になります。足裏に対して処置を施すことによって坐骨神経痛の予防、改善に効果があるとされています。どのような方法かというと誰にでも出来る簡単なものとなります。

簡単に説明をしていくと、足首の曲げ伸ばしを行なうというものや、そして足の指に手の指を絡ませて、足の指自体をほぐしていくという方法です。足の指を広げることや動かす運動をやっていくことになります。そして足の裏の中央から少し上の部分を押していくことになります。

足首を重点的に行なっていくとうのは、足には血液が溜まりやすくなり、ふくらはぎなどの筋肉が機能的に働いてくれないと血液を体に戻していくことが難しくなります。それによって筋肉のコリなどにつながってしまうこともあるのです。足首の裏や足指の運動をしていくことでそのような状態になることを防ぐことができ、しっかりとした血液を全身に送っていくことができます。そのため坐骨神経痛だけでなく、体の健康にも非常に良い効果があると言えるでしょう。特にずっと座ったままの姿勢でいることが多い人や、あまり運動をしない人には簡単であり適した運動になると言えます。

普段硬い靴などを履いている人の場合、足の指などの動きが固まってしまい、あまり血液の循環が上手くいかなくなっていることもあります。そのようなことを改善する時にも足のマッサージや運動というのは活躍してくれることになるでしょう。足の裏にはそれだけ大切な要素が詰まっており、神経なども多くとっていることになります。素足で歩くというだけでも大きな効果があると言えるでしょう。

家に居る時などはスリッパなどを履かずに、素足で行動していくことでも足の裏や足の指に大きなマッサージ効果を期待する事もできます。当然足の裏にも大きな刺激がいくことになるのでツボが刺激されたり、あるいは足の裏が強くなるというメリットもあると言えるでしょう。日ごろから行なえる行動になるので取り入れてみてはどうでしょうか。