坐骨神経痛、予防とセルフケア

坐骨神経痛、予防とセルフケア

坐骨神経痛を予防や治療をする際にストレッチ体操が有効だという事が通説になっています。
しかし、それはやみ雲にするという事ではなく、自分の症状に合わせて行わなくてはなりません。

自分の症状が急性期なのか慢性期なのかを見極めましょう。
急性期の痛みが激しいときや、患部に熱があるような場合は、安静が基本です。ストレッチは痛みが緩和されてからという事になります。

痛みがおさまってきて慢性期に入ると、積極的にストレッチを行いましょう。
しかし、無理してまで「力いっぱい頑張る」のではなく、ゆっくりと無理のないストレッチから始めましょう。

また、慢性期でも脊柱間狭窄症や退化性の関節炎(老人に多い、股・膝・肘などの関節痛で、炎症ではなく、退行性病変、即ち使いすぎ症状)など、変形性の疾病によって神経痛が出ているようなときは、ストレッチは軽度なものに止めておいてください。

また、ストレッチをしていて、足や腰の痛みが強くなったり、痺れなどの症状が悪化するようであればすぐにストレッチは中止して下さい。
医師の診断を仰いだ方が良い場合もあります。

【ストレッチ方法】

1、立った状態で、大きく身体全体を使って腰を回しましょう。
 これを左右両方向とも行います。

2、ラジオ体操と同じ運動ですが、前屈と体を後ろに反らす動きを交互に行いましょう。

3、仰向けに横たわって、両膝を曲げてあわせ、それを左右の床につけるように交互に倒しましょう。
この場合、固い床の上で行うのではなく、できれば運動用のマット、なければ硬めの布団の上で行って下さい。

お年寄りで、無理な方はラジオ体操をゆっくりと無理の無いようにして下さい。

ストレッチは、お風呂上りなどのような体が温まって血流が良い時が効果的です。
身体の筋肉がほぐれやすくなっているので、身体を傷めるリスクも減ります。

ストレッチは継続して行う事が一番重要です。
毎晩のお風呂あがりにはストレッチすると決めて、続けて行ってみて下さい。
坐骨神経痛の予防にとても効果があります。