坐骨神経痛の症状

坐骨神経痛の症状

坐骨神経は脊髄髄節(骨盤の後壁)から伸びている末梢神経の一つで、腰から骨盤、お尻を通って足先にまで伸びています。

その坐骨神経が何らかの原因で障害を受け症状が出ることを坐骨神経痛といいます。
坐骨神経痛は、各人によって発症の仕方は様々で、痛む部位も痛み方も違います。

症状は、坐骨神経に沿って、臀部から太ももの後ろ側にかけて鋭い痛みが起こることが多く、かかとや足の裏まで痛みの範囲が広がる場合もあります。

また、最初に感じていた違和感が徐々に痛みに変わる場合や、ある日突然、太ももの痛みやしびれが現れるようなケースもあります。

【生活の中での主な坐骨神経痛症状】

・腰、お尻、太もも、足の痛み・痺れ(特に太ももの後ろ側、ふくらはぎ)
・痛くて座るのが苦痛
・仰向けで寝ているとしびれが出てくる
・脚に力が入らなく、スリッパが脱げやすい
・痛くて体の前屈・後屈ができない
・身体を動かすと痛みやしびれが起こる
・歩行が痛くて困難になる   
・朝起きたとき腰背部がひどく痛くなる
・1日の終わりに足がひどく痛くなる
・痛むほうの足の血流が悪く、ひどく冷える

などで、場合によっては知覚障害、歩行障害も引き起こします。
また、坐骨神経痛には、体をある一定方向に動かした時に生じる痛みやしびれがある、天候の変化で症状が強くなる、そしてこれらが常に続いている、というのも坐骨神経痛の特徴です。

症状軽い場合だと、我慢できないほどの激痛ではないため、病院に行かないで放置することが多いようで、重症化につながる場合があります。

坐骨神経痛は加齢によって発症の割合が高くなる傾向がありますが、近年では生活環境の変化から、若い人でも坐骨神経痛になる人が増えてきています。

・腰背部に痛みを感じる
・便秘に苦しんでいる、
・長時間歩くと腰背部が痛くなる

などといった症状も、坐骨神経痛の可能性は大きいので注視する必要があります。