中高年の坐骨神経痛の原因

中高年の坐骨神経痛の原因

中高年の方の中には、「最近足腰が痛いのだけど、年のせいかな」と感じる事がある人がいらっしゃると思います。

確かに坐骨神経痛に限らず、年齢を重ねると体のどこかに痛みがあったり、疲労感を常に感じたりと、不調があらわれてきます。

坐骨神経痛の原因の一つである腰部脊柱管狭窄症も、50歳以上の人に多い疾患と言われています。

脊柱管とは脊椎の椎孔が連なって出来ている細長い管の事で、脊柱管狭窄症の原因は老化によって骨が変性し脊柱管自体が変形する事や、靭帯が肥厚して脊柱管内部が狭くなってしまう事です。

高齢者の方の坐骨神経痛は、この腰部脊柱管狭窄症が原因となっている事が多いと言われています。

老化や骨粗鬆症などで脊柱管が狭くなると、脊柱管の中の馬尾神経や神経根が圧迫されて、腰痛や下肢痛を起こすようになります。
これが坐骨神経痛ということです。

腰部脊柱管狭窄症は、日常生活にもさまざまな障害を起こします。
例えば、身体を後ろにそらすと、狭くなった脊柱管が更に狭くなるため、痛みを感じたり痛みが酷くなったりします。

その他には

・身体をそらすと痛い為に、高い所にあるものが取れない
・まっすぐに立っている事が出来ない
・前かがみの姿勢でいると、痛みが緩和されるため、歩行時の姿勢が丸くなってしまう
・長時間歩く事が出来なくなってしまう

などで、色々なところで支障が出て来てしまいます。

腰部脊柱管狭窄症が進行しいくと間欠跛行という歩行障害や、排泄障害が起こる事があります。手術になる可能性のある症状です。

中高年以上の方で坐骨神経痛に悩まされているという方は、酷くならないうちに必ず専門医の診断を受けて下さい。