坐骨神経痛の自己診断

坐骨神経痛の自己診断

坐骨神経痛になっているかどうかということを自分である程度知ることができれば、それは良いことになります。同時に坐骨神経痛かどうかを知ることは他の腰痛の症状がないかを調べることにもなります。そのため腰痛全体に興味をもつきっかけになっていくと言えるでしょう。簡単な自己診断方法としては体を動かしてみるという方法があります。

これであれば誰でもできるようになる上、短時間でどこでも確認することができます。腰痛を覚えている場合やりすぎると当然、症状を悪化させてしまうので適度にそして無理のない範囲で確かめていくと良いでしょう。

腰痛を抱えてそれが坐骨神経痛がどうか確かめる一番簡単な方法としては上半身を大きく後ろに曲げてみて、天井を見るようにして動かしてみることです。これを行なって痛い場合、坐骨神経痛の可能性があります。また脊柱管狭窄症の可能性も考えられるでしょう。逆に下を向くように体を大きく前に倒した時に、痛みなどを感じることがあればその場合椎間板ヘルニアの可能性があるということになるでしょう。そしてどちらも感じる場合には坐骨神経痛の症状がある可能性が高いことになります。

坐骨神経痛は。椎間板ヘルニアでも当然出てくる症状になるので、非常に深い関係にある症状です。あまり坐骨神経痛であることを断定しようとせず。腰に痛みを感じた時や痺れがあるなと思った時は、できるだけ見てもらった方が良いでしょう。

坐骨神経痛だから良かったということは何もありません。また脊柱管狭窄症だから、椎間板ヘルニアだったから良かったということもありません。腰を曲げて大きく痛みなどがでてくるようなことは異常であることに変りはありません。どのような症状でもしっかりとした対処をすることが必要になるでしょう。

自己診断をしようとするような時はまだ重要になっていない状況であると考えることができます。そのためその段階で診てもらうことができれば早期発見につながることになるでしょう。ただ、痛みがあるからすぐに何らかの症状があるということではありません。長時間椅子に座った状況でいきなり運動をした時には筋肉のこりなどがあるため、痛みを感じることがあると言えるし、それはまた坐骨神経痛とは違ったものになります。

何をどうやっても症状が出てくるような時には少し心配をしておいた方が良いでしょう。心配をしておいて損はありません。すぐに対処できるための重要な情報になります。