状況による病院選び

状況による病院選び

坐骨神経痛を思わせるような症状があった場合、病院で診断を受けることになります。
しかし、坐骨神経痛の治療には病院の何科で診断を受ければいいのか判断できない方も多いかもしれません。

坐骨神経痛は何かの原因があってその症状が出ていますので、自分で想像できる範囲で原因疾患を考えてみましょう。

【重いものを持った時、激しい運動をした直後の痛み】

はっきりとした状況があり、原因が思い当たる時には骨折や脱臼の可能性があります。
この場合は「整形外科」での診断を受けましょう
僅かな「違和感がある」という程度でも、後になって症状が悪化する可能性もありますので、 診断を受けておく必要があります。

【大きくはないが衝撃があった、又重い物を持ったりした後で徐々に痛くなってきた】

炎症性の捻挫である事が考えられ、炎症が靭帯にまで及んでいる可能性があります。
また、腰骨や骨盤の異常も考えられます。
この場合も「整形外科」を受診しましょう。

【特に理由がないのに痛みが生じた場合】

何かの拍子に痛みや痺れ、違和感が生じるようになった場合は筋肉や骨格系の異常が考えられます。
先ずは「整形外科」で診断を仰いで下さい。

【外傷や事故などの要因はなく、じっとしていても痛みが生じる場合】

感染症や内臓異常の可能性がありますので、「内科」で診断を受けましょう。
腫瘍・内臓異常・感染症などを除外するような検査が必要となります。
神経症状がある場合は、脳疾患も考えられます。

【体を動かすと痛みがひどくなる場合】

 筋肉や骨格系に異常がある可能性が大きいです。「整形外科」で診断を受けましょう。
骨格、または椎間板に異常がある可能性もあります。
また、骨盤内腫瘍という事も考えられます。

【ヘルペスウイルス感染症で水泡ができた場合】

感染症となりますので、「内科」で診断を受けましょう。
「皮膚科」での診断も可能です。

・その他、 状態や原因に心当たりがない場合には、先ずは「整形外科」を受診しアドバイスを受けて下さい。