隅角離断

隅角離断

腰痛や坐骨神経痛を起こす原因として「隅角離断」が考えられます。

「隅角離断」とは、未成年者の場合で腰椎の成長する骨端線に軟骨が侵入し三日月状の骨片を脊髄に押しつけてしまうものです。

15才くらいまでは神経の周囲に保護になる脂肪組織が豊富なため神経症状は少ないのですが、成人後徐々に坐骨神経痛を発症することがあります。

症状としては、腰痛と坐骨神経痛があり、椎間板ヘルニアと同様の症状をきたします。
成長期の腰痛が発見の機会となるのですが、はっきりとは判らないこともあり、放置してしまうケースが多いようです。

成長期に腰痛があったという記憶や原因のはっきりわからない腰痛、坐骨神経痛などで「隅角離断」を疑います。
レントゲンでは椎体後方の上縁(もしくは下縁)の骨様像、CTでは半円形(三日月型) の骨片像、MRIによる前方からの脊髄圧迫像がみられます。

ヘルニアと違い、ずれた骨片が神経を圧迫してしまうことが多いため、多くの場合で手術治療が必要になります。 

症状の強い場合は前方から圧迫された脊髄を、後方で椎弓を切除し、脊髄を後方に逃がし圧力を減少させる方法があります。

成長期に腰椎の骨成長部に椎間板軟骨が侵入することが原因であるため、予防が難しいのが現状です。