坐骨神経痛の主な原因

坐骨神経痛の主な原因

坐骨神経は脊髄神経が骨盤の部分から出て下肢に向かい、太ももの裏から膝に伸びそこから二股に別れつま先にまで伸びている、人間の体の中で、太く一番長い神経です。
つまり坐骨神経痛とはこの神経が通っている部分に痛みが出る症状なのです。

坐骨神経痛は何らかの原因で坐骨神経を圧迫して起こる症状の事で、痛みが生じる原因は様々です。

症状が両足に同時に出ることは少なく左右のどちらかに出ることが一般的です。
神経自体が長いので、痛みがでる範囲もおのずと大きく、重度の坐骨神経痛になると腰や足に激痛が走り、歩く事もできない状態になることもあります。

考えられる原因の主なものは、

多いのは腰椎椎間板ヘルニアと梨状筋症候群などです。

【腰椎椎間板ヘルニア】

腰椎を形成する椎骨と椎骨の間にある椎間板が、何らかの要因で障害を受け、椎間板の中心部から髄核が飛び出し(ヘルニア)、神経根や周囲の組織が圧迫される事によって、痛みを生じるものです。
腰や足に坐骨神経痛の症状が出ることも多く、急に発症することが多いのも特徴です。

【梨状筋症候群】

梨状筋とは臀部の真ん中の骨・仙骨から始まり脚の付け根までついている筋の事をいいます。
この筋が炎症を起こす、または緊張状態が続く等によって、坐骨神経を圧迫することから坐骨神経痛が起こります。

この場合の坐骨神経痛は、スポーツや日常生活によることが多く、腰椎椎間板ヘルニアの様に急に発症する事は殆どありません。

【脊柱管狭窄症】

高齢者に多い疾患で、体の老化によって起こってくるといわれる変形性腰椎症や変性すべり症が原因で起こることが多いようです。

脊髄の中に神経が通っている脊柱管があり、この脊柱管が老化で狭くなり坐骨神経を圧迫し、痛みが発生します。

上記以外にも坐骨神経痛を起こす原因は骨盤のゆがみや腫瘍・帯状疱疹等の場合もありますので必ず診断を受けましょう。

坐骨神経痛が持病になっている方も多いと思いますが、病院に行ってもすぐに治る性質のものではない事から、治療に嫌気がさして通院をやめることもあるでしょう。
しかし、坐骨神経の治療において最も大切なのは、治療の継続と根気よくリハビリする事なのです。