帯状疱疹か、坐骨神経痛か

帯状疱疹か、坐骨神経痛か

帯状疱疹は神経に対して感染を起こしていくとその神経が支配している部分に対して炎症を引き起こしていくこともあります。そのため皮膚の疾患として扱うことが必要になることもあります。大きな痛みであるので神経的なものと思ってしまうこともありますが、肌に以上があるような時はこの帯状疱疹を疑った方が良いと言えます。坐骨神経痛だと思っていたものが実は帯状疱疹であったということもあるくらいです。

帯状疱疹は症状が出るまでは、しっかりと診断ができない場合もあり、診断が出来ない場合であると坐骨神経痛と思われてしまうことも多々あります。診断が難しい面があると言えるでしょう。

しかし治療の段階で坐骨神経痛の治療をしていても帯状疱疹の場合には治療として効果があることはありません。ウィルスに対してどうにかしないといけないものであり、坐骨神経痛の治療では当然そのような効果のある治療をすることはないと言えます。正しい診断からはじめて治療がはじまっていくことになるでしょう。そのため帯状疱疹によって坐骨神経痛になっているのか、もしくはそのような痛みがあるのか、帯状疱疹による痛みなのかは正確に判断する必要があるでしょう。診断さえされれば大きく前進できます。