坐骨神経痛は原因の特定が第一

坐骨神経痛は原因の特定が第一

腰痛や下肢の痛み・痺れなどを訴える症状が共通するという点で、椎間板ヘルニアと坐骨神経痛が、よく同じもののように語られることがあります。

実は「坐骨神経痛」というのは病名ではありません。
「坐骨神経」は腰から臀部を通って足先にかけて走る、人間の体の中で一番長い神経で、その坐骨神経に何か障害があると現れる症状全般の事を「坐骨神経痛」といっています。

つまり、椎間板ヘルニアは坐骨神経痛を起こす原因疾患であり、椎間板ヘルニア=坐骨神経痛ではないのです。

坐骨神経痛の原因で、比較的多くみられる原因が椎間板ヘルニアです。
しかし、椎間板ヘルニアだから必ず坐骨神経痛になるといったものではありません。
坐骨神経痛を起こす原因は、多くの疾患が原因となっています。

特に若い人が坐骨神経痛の症状を訴える場合、椎間板ヘルニアの可能性が高いといえるかもしれません。

坐骨神経は前述のように太くて長いため、どの部位でどのように障害されるかによって、発生原因や診断が変わってきます。

坐骨神経痛の症状が出るケースで多いのが、腰の下の方にある「馬尾」という神経の束や背骨にある神経の出口付近、脊髄神経が通る一部分などが障害されることです。

しかし、圧迫や炎症が原因となる場合、腰椎の疾患が挙げられるのですが、坐骨神経痛と同じような症状を引き起こすのだけれど、原因が腰椎、骨盤にないという場合もあるのです。

例えば、脊椎・骨盤の腫瘍など重篤な病気が潜んでいる場合があります。
正確に診断するためには、先ずは整形外科の受診が欠かせません。

専門医の診断ではっきりとした原因が明らかになれば、病気に沿った治療(時には外科手術も)をすることになります。

椎間板ヘルニアだけに限らず、坐骨神経痛を直すためには、まず病院で原因を診断してもらう事が大切だといえます。