年代によって違う坐骨神経痛の原因

年代によって違う坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛を引き起こす原因は様々です。
原因やその日の気分、体調によっても、痛みの程度や場所が違ってきます。

坐骨神経痛は、若者の間にも症状を訴える人が増えており、年代によってその原因が違うという特徴があります。

【坐骨神経痛の原因】

「若年層の場合」

若年層の場合は、腰椎椎間板ヘルニアや梨状筋症候群などが原因で起こることが多いといわれています。

「腰椎椎間板ヘルニア」は急激に発症することが多く、ラセーグ徴候が起こります。
ほとんどの場合、症状は身体の片側にだけ現れますが、ヘルニアの位置や大きさによっては両側に見られることもあります。

ラセーグ兆候とは、特に椎間板ヘルニアによる神経痛に見られる特徴です。
体を横たえた状態で、痛みのある方の脚をひざを伸ばしたまま上げると、坐骨神経痛の症状が増強されることをいいます。

「梨状筋症候群」の場合は、椎間板ヘルニアのように急に発症することはなく、症状は比較的緩徐に発生します。

通常はラセーグ徴候が起こりません。
梨状筋間で坐骨神経が圧迫されることによって発症し、仕事や運動、日常生活でのストレスがたまると悪化します。

「高齢層の場合」

高齢者では、変形性腰椎症や腰部脊柱管狭窄症など、加齢に伴う骨の変形疾患によって坐骨神経痛が誘発される場合が多いようです。

変形性腰椎症とは加齢により腰椎が衰え、変形してしまう状態のことです。
加齢のよって、椎間板の変性が進み、また、腰椎に骨棘という骨が出来ることもあり、それが坐骨神経を刺激し傷をつけてしまうことで痛みが出ます。

また合併症としては帯状疱疹や糖尿病などを引き起こすことがあり、高齢者場合、何かと合併して起きてしまうことが殆どです。