骨粗しょう症が原因の「圧迫骨折」も坐骨神経痛を引き起こす

骨粗しょう症が原因の「圧迫骨折」も坐骨神経痛を引き起こす

坐骨神経痛の原因として、腫瘍や心因性のものを除くと、腰部脊椎管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアなどが主な原因といわれています。
しかし、高齢者の中には背骨の圧迫骨折が原因である場合も少なくありません。

背骨を形成している椎骨や椎間板が圧迫骨折をすると、背中が丸くなり身長が低くなります。
これは、高齢者、特に女性に多くみられる状態です。

椎骨が連なって脊髄神経が通る脊柱管を形成しているのですが、椎骨が押しつぶされると、脊柱管も狭くなり神経を圧迫してしまいます。

その為、腰痛や坐骨神経痛などの症状を起こしますが、圧迫骨折はすぐに骨折したことに気のつかない事が多いのです。

高齢者が坐骨神経痛の症状を訴えて整形外科を受診し、レントゲン検査を受けますが、骨粗しょう症が原因の圧迫骨折の場合、レントゲンではなかなか確認ができない事が多いのです。

骨粗しょう症は骨密度を図る計器で進行状況がわかりますが、レントゲンでの骨粗しょう症の判断は、元気な骨がレントゲンでは真っ白に映るのに対し、骨粗しょう症の骨は黒っぽく映るという程度しかわかりません。

女性は閉経になるとホルモンのバランスが崩れることなどから骨粗しょう症になる人が多くいます。
圧迫骨折は、骨粗しょう症によって骨の内部がスポンジのようにスカスカになり、骨がもろくなりつぶれるという現象です。

 骨粗しょう症の主な原因はカルシュウム不足です。
カルシュウムが不足すると、特に背骨の骨の内部に多くある海綿骨が減少すること、また骨の構造の変化をもたらすといわれています。

カルシュウムは骨を作るのに必要なことは勿論ですが、生命維持のためには重要な栄養素であり、体内のカルシュウムが不足すると、骨のカルシュウムが血液中に流れ出すために、骨粗しょう症となるのです。

つまり、骨の中のカルシュウムは「生きる」と言う意味では優先順位が低くなり、優先順位の高い方へとカルシュウムが流出するのです。

ホルモンの分泌の減少によって、今までと同じ食事を摂っていても、年齢と伴にカルシュウムを効率よく吸収できなくなるともいわれます。

カルシュウムを積極的に摂り、適度な運動し、日光を浴びるために屋外で適度な運動をする習慣作りも、骨粗しょう症を防ぐ対策として必要です。