ウイルスが原因で発症する坐骨神経痛

ウイルスが原因で発症する坐骨神経痛

帯状疱疹は水ぼうそうのウイルスが原因で発症する疾患ですが、殆どの人は子供の頃に一度水ぼうそうを経験しており、ウイルスに対して免疫ができているはずなのです。

しかし、病気や過労、また、高齢などで抵抗力が無くなってきた場合に発症することがあります。

このヘルペスウイルスは 体の神経節(神経の細胞が集まった部分)に、長い場合は何十年も潜伏し続け、免疫力が低下したときにウイルスが復活します。

復活したウイルスは脊髄神経節に進入し皮膚に運ばれ、そこに感染を起こします。
感染した神経が支配する皮膚領域に、まずは痒みが起こり、その後に激しい痛みと変わっていきます。
数日後に皮膚支配の領域は赤い湿疹が現れ、水泡となっていきます。

症状は、皮膚にチクチクするような痛みが起こることから始まり、ウイルス感染が原因とは気付かない事が多く、その後、感染した神経の支配域に水疱が現れ痛みは激しいものになります。この時点で初めてウイルス感染と診断が付きます。

この症状は、特に胸から背中、腹部などによくみられます。
また、症状が現れるのは体の左右どちらか片側だけのことが多く、一度に2ヵ所以上の場所に現れることはほとんどありません。

帯状疱疹における坐骨神経痛はウイルスの感染が原因ですから、病院での治療となります。最近では即効性のある薬があり、殆どの場合で「治る坐骨神経痛」といえます。

ウイルス感染が原因で坐骨神経痛を発症している場合は、他の骨や筋肉の障害によるものと違って、身体を動かさなくても痛みが持続します。

腰を痛めたという事もないのに足の皮膚にピリピリと感じる痛みが出てきた時は、帯状疱疹が原因であると考えられます。

しかし、腫瘍が原因である可能性もあり、またその他の坐骨神経痛との鑑別も必要なので、水疱が出てこないと判断はできません。

帯状疱疹は、通常高齢者に多くみられる疾患なのですが、近年ではストレスなどによる免疫低下から若い人にも発症することが多くなっています。

皮膚症状は、水ぶくれからかさぶたになり、約3週間から1ヵ月かかっておさまります。
皮膚症状が回復しても痛みだけが残り、いつまでも続く場合があり、これを「帯状疱疹後坐骨神経痛」といいます。

若い人の場合は、回復は早いのですが、高齢者では回復が困難で、帯状疱疹後神経痛が残りやすいといわれます。

痛みが出てきたら、まずは病院でチェックをすることをお勧めします。