若者に比較的多い梨状筋症候群

若者に比較的多い梨状筋症候群

坐骨神経痛は姿勢の悪さや、筋肉の機能不全による骨盤の歪み、股関節の歪みによって起こることが多いとされています。
骨盤や股関節・腰椎の歪みは、必然的に臀部や腰椎付近の筋肉疲労を招き、ますます筋肉が過剰な緊張状態に陥るといったスパイラル状態に陥ってしまいます。

その結果、筋肉は炎症を起こし腫れを生じ、腰椎出て下肢の先まで伸びている人間の身体の中で一番長い坐骨神経痛を圧迫してしまいます。
その結果、臀部から場合によっては足先にまで痺れや鈍痛が生じてしまいます。

坐骨神経痛は年齢により症状を起こす原因となる病気が年齢層によって異なり、原因は色々考えられます。

若い方に比較的多いのが、ぎっくり腰から腰痛が慢性化したもの、椎間板ヘルニア、次に梨状筋症候群などがあります。

梨状筋は仙骨から足の付け根にかけて付いていて、文字通りで梨状の形をした筋肉です。
股関節における大腿骨の外旋筋で(足先を外に向けさせる働きをする)すが、他の筋肉と一緒になって働きます。

この梨状筋が炎症もしくは過度の緊張状態になると、その下を通る坐骨神経を圧迫して神経の走行に沿って痛みがでます。

梨状筋症候群は椎間板ヘルニアとは違い、比較的緩徐に発生し、通常はラセーグ徴候が陰性となります。
ラセーグ徴候とは、仰向けの 状態で下肢を伸ばして上にあげると、坐骨神経痛が増強するのが特徴で、椎間板ヘルニアの場合殆どで陽性となります。

高齢者の場合には変形性腰椎症や腰部脊柱管狭窄症などの変形疾患に多く見られます。
その他帯状疱疹でも坐骨神経痛を発症する場合もあります。