坐骨神経痛の好発部位

坐骨神経痛の好発部位

坐骨神経痛を発症する原因疾患では、腰椎が関わっていることが多く、その腰椎には異常が発生しやすい部位があります。

腰椎は5個の椎骨が積み重なって出来ていて、その下には仙骨があり骨盤へと繋がっています。

腰椎は上から数えて4番目(L4)や5番目(L5)、つまり下位の部分に最も大きな負荷が集約しやすく、やはりその部位に異常が生じる事が多いといわれています。

例えば坐骨神経痛の原因として最も多いとされる腰椎椎間板ヘルニアは、L4とL5の間や、L5と仙骨の間で発症例が多く、腰椎椎間板ヘルニア全体の90%を占めていると報告されています。

高齢者に多い脊柱管狭窄症も、同じようにL4やL5あたりで起こってしまう事が多いようです。
この付近の腰椎では長い年月の直立歩行の負荷が蓄積され、脊柱管を構成する骨や支える靭帯が分厚くなって脊柱管が狭くなりやすいのです。

しかし脊柱管狭窄症においては3番目の腰椎や仙骨の上部でも異常が見られる場合や、いくつもの腰椎に異常が見られるという事も珍しくないようです。

腰椎分離症は、腰椎を構成する椎骨の脆弱な部位に骨折やひび割れを生じるもので、これもL5付近で発症する事が多くなっています。

また、腰椎変性すべり症は加齢などの原因で、筋力が低下したり椎間板などの変性で、腰椎を正常な位置に保つことが出来なくなり、椎骨が前方へとすべるもので、これもL4やL5に見られる事が多いと言われています。

人間の背骨は生まれつき綺麗なS字を描いており、椎骨でもっとも下に位置する部分、つまり第4腰椎と第5腰椎に、姿勢の悪さや歪みなどの影響がより大きく出ます。
第5腰椎の異常は下肢に痛みや痺れを引き起こしやすく坐骨神経痛にも大いに関わっています。