坐骨神経痛の引き金となる疾患

坐骨神経痛の引き金となる疾患

坐骨神経は、腰椎4、5番と仙骨の前面から出て臀部の筋肉である梨状筋を通り、大腿部の後面からひざ裏にかけて走行し、ひざ裏で脛骨神経(けいこつしんけい・・下腿の後面)と総腓骨神経(そうひこつしんけい・・下腿の前面)に枝わかれし足裏と甲に分布しています。

この坐骨神経が何らかの原因で障害を受けた場合に、坐骨神経痛を発症し、坐骨神経痛の痛みや痺れは、坐骨神経が走行している臀部から足裏まで出現します。

坐骨神経痛の原因が、脊柱管の狭窄であった場合は、冷感、灼熱感、引きつれ感、締め付け感などのほか、足裏がジリジリしたり、足裏の皮膚が厚くなったように感じる事も特徴の一つで、この時の痺れ感は正座をしていた時の痺れ感とは全く違うものです。

その他、脊椎・筋肉由来のもので坐骨神経痛を起こす主な原因となるものは、「椎間板ヘルニア」「梨状筋症候群」「腰椎すべり症」などがあります。

それぞれの疾患に応じて治療がなされますが、殆どの場合で手術は行わず保存療法で治療が進められます。

しかし、重症化した脊柱管狭窄症では、間欠性跛行が酷くなり歩行も困難になります。
また、排尿・排便までにも支障をきたすようになるため手術を勧められるようになります。

坐骨神経痛は病名ではなく症状名で、ストレス、妊娠、腫瘍など、多くの原因が考えられます。

深刻な問題が潜んでいることもありますので、痛みを感じたら早期に専門医の診断を仰ぐようにしましょう。