坐骨神経痛対策「水中ウォーキング」

坐骨神経痛対策「水中ウォーキング」

水中での運動は、ウォーキング、フィットネス、エクセサイズなど色々とあり、体に負担が少なく、効果が大きいという事から、腰痛治療のみならず、健康づくりとしても非常に効率的であるとされています。

水中での重力の影響は地上で受けるほど大きくはなく、腰椎にかかる負担は非常に軽くなります。
しかし、水中ウォーキングでは腰椎への負担は軽くしながらも、前進の際には水の抵抗があり、この抵抗の力が筋肉強化に有効であり、腰痛治療のリハビリや坐骨神経痛対策として非常に効果的なものとなります。

しかし、歩き方には注意が必要です。
水の中で早く歩こうとすると、抵抗を感じる方向に強く反発をしてしまう事があり、大きな反発になると余計腰を痛めてしまうことがあります。

上半身が強く反らないようにゆっくりゆっくりと歩くことを心がけましょう。
歩幅は普段通りでかまいません。
水の中では抵抗に逆らって歩くだけでも十二分の効果を得ることができるのです。

水中ウォーキングは、身体で感じる以上に運動量は多く、普段は余り意識して使っていない筋肉も使うことになり、プールから上がって数時間後には疲れを感じるでしょう。

また、水中での時間も気をつけなければなりません。
水中にいるという事は、体温を常に水に奪われている状態ですので、長く居続けると体に弊害が起こります。

最初は水中ウォーキングの時間を10分間程度とし、それからは徐々に増やして最終的には30分程度休息無しで動けるくらいを目指しましょう。

慣れてくると心地よい疲労感があり、夜の睡眠もしっかりととれるようになり、健康的な体になってきます。