女性が留意しておきたい坐骨神経痛のリスク軽減法

女性が留意しておきたい坐骨神経痛のリスク軽減法

人の身体の筋肉量は、男性よりも女性の方が少なく、その為当然女性の方が脊椎、取り分け負荷が最もかかる腰椎に対しては負担が大きくなります。

閉経という生理現象は女性特有のもので、また女性には冷え性の方も多くいらっしゃいます。
坐骨神経痛は閉経後の骨粗しょう症や、冷え性がきっかけとなることもありますし、カルシウム不足も原因の一つとなり、日常生活を見直すことで坐骨神経痛のリスクを減らすことができます。

近年では女性が仕事を持っているのは当たり前で、デスクワークや立ち仕事に従事している方もをしている方も多いと思いますが、同じ体勢で長い時間過ごすことは坐骨神経痛を発症する大きな原因となっています。

仕事中で困難とは思いますが、できる限り適度な体操などで体を動かすようにしましょう。
座っている方は、立って背伸びをするだけでもずいぶんと違ってきます。

いつも同じ側で鞄を持つのも良くありません。背骨や骨盤の歪みを招くことになりますので、意識して持ち替えるようにしましょう。

また、脊椎、特に腰椎に関係のある筋肉の強化を行う事で、負担を軽減させることができますので、腹筋や背筋運動を取り入れてみましょう。

筋肉の増強は肥満防止にも繋がってきます。
腰椎は上半身の荷重をすべて受け止めていますので、腰椎を支えている筋肉や靭帯の強化は坐骨神経痛対策として不可欠です。

筋肉がこってしまうと血行が悪くなります。また血行不良も筋肉がかたまってしまう原因となります。

坐骨神経痛の要因となっている冷え性の原因となる血行不良を改善するには、体を温め末梢血管の血流を盛んにすることが大切です。

食生活に生姜を多く取り入れる、ゆっくりとお風呂につかる、適度な運動を継続的に行なう事で冷え性はかなり改善されますし、防止にもなります。

その他

・腰を曲げた状態で重いものを持つのではなく、膝をついて持つようにする。
・腰は伸ばすことを意識する
・カルシウムを積極的に摂取する
・高いヒールの靴は必要な得にだけにする
・脚を組まないようする

などを心がけることで、坐骨神経痛に対するリスクはかなり軽減されます。