坐骨神経痛のタイプと症状

坐骨神経痛のタイプと症状

何らかの影響によって坐骨神経が刺激や圧迫を受けて痛みが起こる状態を坐骨神経痛いい、これは腹痛や頭痛と同じように病名ではなく、症状名です。

「坐骨神経痛のタイプ」

【症候性坐骨神経痛】

神経の圧迫以外の要因が想定されるものの、レントゲンやMRⅠで特に異常所見が見られず、原因不明の坐骨神経痛であるため治療が難しいといわれています。

この場合、お尻の筋肉が少し硬直気味の場合があるのですが、だからと云って神経圧迫があるわけでもなく、ただ痛みや痺れが発生するというものです。

【梨状筋性坐骨神経痛】

梨状筋とは、お尻の深い部分にある筋肉のことで、梨状筋が幾度となく緊張・収縮することで坐骨神経が圧迫されて生じるものを指します。

梨状筋性坐骨神経痛は坐骨神経痛の中で1番多く見られ、通常の坐骨神経痛よりもずっと治りが良いです。

【根性坐骨神経痛(腰椎性坐骨神経痛)】

椎間板ヘルニアの影響で坐骨神経の付け根が圧迫されて、痛みが生じるタイプの神経痛です。
腰の痛みの他にも、臀部や下肢に響くような痛みやしびれ、ときには下肢の麻痺などの症状がみられます

「坐骨神経痛によって引き起こされる症状」

坐骨神経痛によって下肢痛や痺れが起こると、左右の足をバランス良く前に出すことができず歩行困難となります。

姿勢をまっすぐにして歩くことが難しくなり、前屈みの状態でゆっくり歩いたり、坐骨神経痛性側弯と呼ばれ、痛みがある方に力をかけないようにするために重心が偏ってしまい、身体が歪んだ状態で歩くようになります。

また、下肢の筋力低下や麻痺が出現し、直立の姿勢を維持できなくなる場合もあります。脚に体重をかけると激痛が走る、前にかがめずに地面に落ちたものを拾えないという状態にもなってしまいます。

さらに、寝転んでリラックスしようとしても、しびれや痛みを感じ動きづらくなったり、くしゃみやせきをすると、腰から脚にかけて激痛が走ったりもします。

それ以外にも、腱反射異常や知覚の鈍化なども坐骨神経痛に見られる症状です。