気象の変化による坐骨神経痛の悪化

気象の変化による坐骨神経痛の悪化

坐骨神経痛は、雨の降る日や気温の低い日などは、痛みがひどくなるという経験をしている方は多いのではないでしょうか。

このように経験的には天気と神経痛には関連性があると思われていますが、そのメカニズムに関して実は詳しくは分かっていないのです。

気圧や気温の変化で、交感神経と副交感神経が活発化する事が原因ではないかというのが現在の有力な説となっています。
外部の気圧が低下すると、関節が膨張し、それ自体でも痛みが生じるようです。

動物の組織内に広く存在する化学物質でアミノ酸の一種であるヒスタミンは、炎症を起こす、血管を拡張し血圧を急低下させる、また交感神経を刺激し活発化させるといった作用がありますが、気圧が下がるとこのヒスタミンの分泌が増えるそうです。

また、気温の低下も痛みを引き起こすといわれています。これは、気温が低下することで血液の流れが悪くなり、筋肉が緊張するため坐骨神経を圧迫することがありますが、これは交感神経が刺激されることで痛みが生じると考えられています。

交感神経は、筋肉や関節周辺では血管を収縮させ、神経を過敏にしますので、寒い日は特に坐骨神経痛がひどくなるように感じるのです。

また、雨の日には湿度があがるために体がむくみ、その為、血流の悪化を招き疲労物質が神経痛を悪化させることになるのです。

以上のようなことから考えて、雨の日の気圧の変化と湿度の上昇が血行を悪くすることから神経過敏を招き、坐骨神経痛の悪化につながるのではないかと考えられています。
また、冷房などで急激に温度が下がるのも良くありません。

気象の変化に左右されないようにするには、身体を冷やさず腰部になるべく負担をかけないようにすることが大切です。

軽い運動や、入浴時のマッサージで血行を促進し、血流を活発化させることも気象の変化に左右されないために効果的です。

しかし、痛みが増幅する原因のすべてが気象条件の悪化によるものとは限りません。
天候が回復してもなお痛みが継続する場合は、早めに医師の診断を受けるようにしましょう。