坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛の原因は多くの場合において、加齢による組織の変性が考えられます。
しかし、骨の変性は栄養不足などに起因することが多く、決して高齢者だけの病気ではありません。

中でも、坐骨神経痛の原因で最も多いとされる「腰椎椎間板ヘルニア」においては、椎間板の加齢変性は20歳を過ぎる頃から徐々に進行していくといわれています。

「腰椎椎間板ヘルニア」と共に坐骨神経痛の原因疾患で多いのが「腰部脊柱管狭窄症」です。
 「腰部脊柱管狭窄症」は「腰椎椎間板ヘルニア」や「腰椎すべり症」が原因で起こることが多く、坐骨神経痛の症状に加えて、「間欠跛行」という特徴的は症状があります。

しかし、この「間欠跛行」は単に腰部脊柱管狭から引き起こされるものではなく、老化による血管の異常で引き起こされるケースもあり、動脈硬化による下肢の「末梢動脈閉塞症」が代表的なものです。

下肢の「末梢動脈閉塞症」も「間欠跛行」の症状を伴いますので、「腰部脊柱管狭窄症」と思い込んでしまう事が多く、腰部脊柱管狭の症状を病院で伝える時には、誤診を避ける為にも出来る限り正確にお医者さんに伝えることがポイントになります。

つまり、腰痛、臀部痛、足の痺れがあるからといって必ずしも坐骨神経痛ではないという事なのです。

となると、坐骨神経痛の症状が出た場合には、病院はどこに行けばよいのか、という事になりますが、先ずは病院の整形外科を受診しましょう。

病院ではレントゲン検査やその他の詳しい検査で、坐骨神経痛の原因がはっきりとしますので、あとは医師の判断に従うようにすればいいと思います。

いずれにせよ、坐骨神経痛には様々な原因がありますので、痛みで苦痛だからといってすぐに手術を考えることなく、自分がどのような症状がありどのような原因があるかをしっかり理解することが重要です。