坐骨神経痛に対する自己管理

坐骨神経痛に対する自己管理

体操とストレッチは腰部脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアが原因で起こる坐骨神経痛に効果があるといわれています。
これらの疾患の予防や再発防止のための自己管理方法の一つといえます。

先ずは腰部脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアの痛みの原因となる馬尾や神経根への圧迫がなぜ生じるのか、神経への血流障害や炎症などによって起こる症状のメカニズムを理解することが重要です。

その上で、日常生活においての姿勢や動作を見直し、ストレッチや体操によって症状を改善していく必要があります。

ストレッチや体操は筋肉を伸ばして緊張をほぐすのが最大の目的です。
硬くなった筋肉は疲労を溜め、神経を刺激します。
筋肉が伸展して柔軟性を取り戻していくと、血行も良くなり疲労は回復し、筋肉が正常に働き、腰椎にかかる負担を軽減します。

ストレッチや体操を行うときは、特にリラックスした状態で深く呼吸をしながら行うと効果が上がります。
ストレッチと体操の違いは、反動をつけるかつけないかということもありますが、その目的にも違いがあります。

ストレッチの目的は柔軟性以外に、筋肉の緊張を和らげることと血流の改善があります。また、ここにおける体操は柔軟体操を指しますがその目的は、柔軟性を高める以外に筋肉の弾力性を高めることも目的とされています。

坐骨神経痛の主な原因である腰部脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアでは、痛みの原因もそれぞれで違っているため、治療方法も異なってきます。
ストレッチや体操を行う前に、どのような姿勢が症状を改善する効果があるのかを知っておく必要があります。

腰部脊柱管狭窄症の場合、痛みを緩和するには上体を前に倒すことがポイントになります。前に倒すことにより、狭窄が緩和されるからです。

一方、腰椎椎間板ヘルニアの場合は、馬尾や神経根への圧迫を緩和させる為に、上体を反らすことがポイントになります。
前屈を制限する為にコルセットを装着する場合もあります。

正しい知識に基づいて体操やストレッチを始めなければなりません。
いくら自己管理だからとはいえ、自己流ではかえって悪化しかねません。

まずは病気について最低限の知識を持つことが重要で、その上で専門家の指導に基づいて
きっちりとした自己管理をする事が重要です。