坐骨神経痛とは

坐骨神経痛とは

坐骨神経は腰椎の4・5番目から出た神経と、仙骨の前面から出る神経の束が合わさり、臀部の下から大腿の後ろを通り、膝の裏の上で前後(総腓骨神経と脛骨神経)に分かれて走行していて、足の甲と足の裏へ続いています。

末梢までの長さは1m以上もあり、人体の中で最も太くて長い神経です。

歩いたり、転ばないようにバランスをとったりするために、脳(中枢)から指示が出ているのですが、その指示は脊髄を通り、この坐骨神経(末梢神経)に伝わっており、下肢の動きや皮膚感覚に大切な働きをしています。

坐骨神経痛とは、神経が腰椎の隙間から出て骨盤をくぐり抜け、臀部の筋肉から出てくる間のどこかで、圧迫や絞扼などの障害を受けた為に発症します。

腰痛と坐骨神経痛を一緒に考えることがありますが、痛みの症状も原因も違っていることが多く、腰痛は腰とおしりにのみ痛みや重さがあるのに対して、坐骨神経痛は臀部や下肢にしびれや、つっぱりが出ることが特徴です。
坐骨神経痛と腰痛は一緒にでる場合もありますし、でない場合もあります。

坐骨神経痛を発症する主な原因は、「ぎっくり腰」や「腰椎椎間板ヘルニア」が最も多く、その他、「梨状筋症候群」、「脊柱管狭窄症」、「脊椎分離・すべり症」などがあります。

また、「脊椎腫瘍」や「骨盤内腫瘍」といった重篤な病気が原因である場合もあります。
治療法も原因によって変わってきますので、原因の特定のは細心の注意が必要となります。