テーピング療法

テーピング療法

医療用のテープを貼る事で痛みが軽減されていくテーピング療法は、坐骨神経痛の痛みを軽減するためにも有効だと言われています。

テーピング療法で用いるテープには、スパイラルテープとキネシオテープがありますが、痛みを軽減するためには主にキネシオテープを使います。

キネシオテープは、一定の伸縮性とカラダにフィットする粘着性があり、筋肉と同じ30~40%の伸縮率を持つテープで、別名「人工筋肉テープ」とも呼ばれます。

なぜ、テーピングが有効なのかといえば、座骨神経痛は梨状筋(仙骨の筋肉で股関節の外旋を行う)の障害が原因で起こる事が多く、痛みの発信源に人工筋肉テープを張ることで、障害を受けている梨状筋の役割を果たす事ができるからです。

このキネシオテープを貼るときは、坐骨神経痛の痛みの発信源である筋肉の起始から停止まで貼ります。
初めに筋肉の緩みの状態で貼り、次に筋肉を伸ばした状態でテープを貼ります。
このように貼ると、テープにたくさんのシワができるのですが、このシワが効果を発揮するのです。

皮膚には、皮膚割線と呼ばれる横ジワがありますが、このシワを断ち切るように貼る事で、身体を動かすたびに、皮膚に刺激を与え、リンパ液や血液の流れが良くなり症状の緩和や改善を促すことが出来ます。
インドメタシン配合のバンテリンなどの塗り薬などを先に使用するとより効果てきです。

坐骨神経痛の痛みがでている時は安静が基本ですが、キネシオテーピング療法は患部を固定することなく動かし使うことで、自然治癒力に働きかける方法ですので、普段の生活に支障が及びません。

痛みがあってもなかなか休む事ができないスポーツ選手などは積極的に取り入れている療法です。

4~5日間は貼ったままでも大丈夫なので、お風呂上りはドライヤーで乾かすと良いでしょう。

市販されているテーピング療法用のテープもありますが、より効果を出したいのであれば、専門機関できちんと巻いてもらう事をお勧めします。